So-net無料ブログ作成
検索選択

歩く木 [雑談]

沖縄には面白い木があります。[わーい(嬉しい顔)]

それは『歩く木』と言われている『ガジュマル』です。[手(チョキ)]

ガジュマル①170714.jpg

ガジュマルとは熱帯地域を中心に自生するクワ科の常緑高木で、日本では九州屋久島と種子島以南、特に沖縄の島々に生えているそうです。[ひらめき]

何故、歩く木と言われているかと言うと、最大の特徴である枝から伸びる大量の気根というものがあります。

そして、その気根が、地面に到達するとその場に根を張り、いずれは幹と見分けがつかないほど発達して太くなります。

もとの幹がその後腐るので、新しく張った幹がその木の土台となっていきます。

それを繰り返すことで、移動するんですね!不思議ですね![くつ]

しかも、このガジュマルと言う木は、その他にも、いろいろな呼び方があるそうです。

『精霊の住む木』、『締め殺しの木』・・・などなど、なんともオカルティックな異名をいくつも持つ木です。[がく~(落胆した顔)]
 
沖縄県の代表する木のお話でした。[るんるん]
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0