So-net無料ブログ作成
検索選択

渡辺のナベの知られざる真実 [雑談]

日本人の苗字で多い順で並べると、佐藤、鈴木、高橋、田中。。。と行きますが、その中でも、面白い苗字があります。[グッド(上向き矢印)]

それは『渡辺』という苗字です。[わーい(嬉しい顔)]

渡辺と言う苗字を名乗っている人は全国におよそ108万人と堂々の全国5位にランクインしていますが、実は渡辺のナベの字は「部」「邊」「邉」など多彩と言う事実があります。

調べてみると、何と38種類もあるんですね![がく~(落胆した顔)]

一番多いのが、やっぱり「辺」で108万人、2番は、「部」で18万2千人、3番は、「邊」で3万3千人、4番は、「邉」で2千人だそうです。

じゃ~何でこんなに、色々なナベが出来たかと言うと、諸説あるようですが、主に明治時代、渡辺家の本家と分家を識別しやすくするために“ナベ”の字を変えていった説が有力だという。

また、もう一つには、昭和40年頃まで戸籍は手書きで登録するようになっていて、複雑な字形の「ナベの字」は申請した側と戸籍担当者との間で記入ミスが起きやすく、微妙な間違いがそのまま登録されたことも“ナベの字”が増えた理由だとか。

苗字の歴史って面白いものですね!皆さんの苗字の生い立ちって調べてみるのは面白いかもしれませんね![るんるん]
nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 16

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0